XMの入金ガイド – 入金の種類と入金方法

 

XMの入金の注意点

XMの入金方法は何故かよく変わります。

日本人にとってハードルが低いクレジットでの入金と銀行銀行振込の入金を具体的な画面を付けて説明しています。

入金の前にリアル口座開設が必要です。
リアル口座開設を行ってからこの入金ガイドに進んでください。


手数料、入金にかかる時間や入金金額も入金の手段によって変わってきますので、じっくりとご検討ください。

入金方法の最新情報はXM公式ホームページでご確認を。

残高がゼロの取引口座は90日経過後に凍結となります。

一度凍結された取引口座を再度有効にすることはできず、もう一度、新規取引口座を開設しないといけません。
もう一度、新規取引口座を開設しても口座開設ボーナスはもらえません。勿体ないです。

なので、入金も早々にやってしまいましょう。

XMTradingの公式サイトは
こちらから
  • 888倍の高倍率レバレッジ、追証なし
  • webも問い合わせ電話も日本語対応◎
  • 口座開設のみ、入金なしでもボーナス3000円が付いてくる
  • 入金金額に応じ最大総額$5,000のボーナス上乗せ

 

XMの入金の種類

まずXMの入金手段には、

があります。

Bitwallet(ビットウォレット)

Bitwalletはインターネット上のお財布です。
入金には入金手数料が発生します。
XM以外の海外のFX口座やブックメーカーでも入出金手段として採用されてますので、海外のいろいろなFXやブックメーカーを利用されるならば開設する価値はあります。

 

 

Credit/Debit Cards(クレジット/デビットカード)

クレジットカードやデビットカードでの入金です。

クレジットカード入金はJCB(JCBのマーク)とVISA(VISAのマーク)で入り口が異なっています。

現在Mastercardの取り扱いはないようです。

JCBは最低入金額が10,000円、月ごとの入金上限が750,000円、カードによる出金ができません。
ですが、VISAには、その制限がありません。

 

 

SticPay (スティックペイ)

SticPay(スティックペイ)はネット口座です。
SticPayに入金する際に手数料が発生します。
SticPayからXMへの入金は数分で反映されます。
Bitwalletと同じくXM以外の海外のFX口座やブックメーカーでも入出金手段として採用されてます。

海外のいろいろなFXやブックメーカーを利用されるならば開設する価値はあります。

 

 

Local Bank Transfer

国内銀行送金です。
三井住友銀行への振込になります。銀行が休みや営業時間外の場合は翌営業日の振込になります。
1回の最大送金額は10,000,000円です。
10,000円未満の入金ならば1,500円の手数料がかかります。

 

 

BXONE (ビーエックスワン)

BXONE(ビーエックスワン)は仮想通貨のオンラインウォレットです。
BXONEとは、法定通貨と仮想通貨を24時間365日両替できるオンラインウォレットです。

◎法定通貨


◎仮想通貨

プリペイドカード(eZpay)を利用することで、クレジット決済やATMで日本円の引き出しが可能になります。

口座開設費用や年会費はありませんが、手数料が発生します。

 

入金種類ごとの反映時間と入金最低金額

入金種類 取引口座に反映までの時間 入金最低額
Bitwallet 即時反映 500円
Credit/Debit Cards (VISA) 即時反映 500円
Credit/Debit Cards (JCB) 即時反映 10,000円
STICPAY 即時反映 500円
Local Bank Transfer(※1) 30分~1時間 下限無し(入金額が10,000円未満の場合、980円の手数料が発生)
BXONE 即時反映 500円

(※1)振込手数料が発生します。


 

他の海外FXやブックメーカーを行っていない方は、 「2.Credit/Debit Cards」もしくは、 「4.Local Bank Transfer」での入金をお勧めします。お手軽です。

XMの入金方法

実際に入金をやってみました。もちろんリアル口座開設後です。

入金画面に遷移する


XMにログインした画面の緑枠に白字の「クイック入金」「資金を入金する」 「入金」 のいずれかをクリックします。

 

どれをクリックしてもリンク先はすべて同じ「入金方法一覧」の画面です。

Local Bank Transferの入金

Local Bank Transfer の下の「入金」をクリックします。

 

「Local Bank Transfer」の画面になります。

振込先口座の情報が載っています。
「Local Bank Transferからの入金リクエストを行う前に、以下にご留意ください」の枠内を読んで納得してから振込をするようにしましょう。

※振込元銀行から三井住友銀行への振込手数料が発生します。

入金が反映されない場合は、AsianCoinのカスタマーサポートに電話します。
電話番号は赤丸の箇所です。

「送金情報を印刷する」をクリックすると振込先口座が印刷プレビューされます。
銀行に行って振込をされる場合などに印刷して使ってください。

新生銀行からネットで振込を行なったのですが、新生銀行の振込人名義は「半角カナ」が固定されて、その前後に文字を加えることになります。

なので「ローマ字 MT4/MT5口座」にはできず、「半角カナ MT4/MT5口座」で入金処理を行いました。

やっぱり1日半待っても反映されなかったので、AsianCoinのカスタマーサポートに電話して状況を伝えて入金を確認してもらってすぐにXMに反映されました。
10,000円を入金したので、反映手数料が引かれていませんでした。
(10,000円未満の入金ならば1,500円の反映手数料がかかります。)

AsianCoinのカスタマーサポートは普通に日本語が通じました。

ほぼ同時に「入金処理が成功しました」のメールも届きましたよ。

これでLocal Bank Transfer での入金は無事にできました。

Credit/Debit Cards(JCB)の入金

クレジットカード入金はJCBとVISA入り口が異なっています。出金方法が異なるためだと思われます。

JCBでの入金は、JCBマーク下の「入金」をクリックします。

 

「JCB入金」の画面になります。

「Credit Cardからの入金リクエストを行う前に、以下にご留意ください」の枠内を読んで納得してから入金をするようにしましょう。

入金額を日本円で入力します。
「10000」を入力すると「10000.00」になりますが小数点以下2桁が付いただけですので、気にしないで下さい。
「入金」をクリックします。

「入金額確認」画面になります。

問題なければ「確定」をクリックします。

「JCB決済」画面になります。

カード情報を入力します。

カレンシー JPY(触れないはずです。)
金額 前のページで確定した金額になっているはずです。
カード名義人 カード名義人を入力します。初期値で口座登録した名前が入っています。
カード番号 カード番号を入力します。(空白とかは不要なので続けて入力します)
有効期限(クレジットカードで必要) 「月(2桁)/年(下2桁)」でカードの有効期限を入力します。
CVV カード裏の番号の下3桁を入力します。
国番号 JP


全て入力が終わって「確定」をクリックすることで、カード情報が送信されます。



問題があれば「入金リクエスト失敗」画面になります。

この画面になると入金ができてないことなので、もう一度やりなおしましょう。

「確定」を押すまでに時間がかかった場合も「入金リクエスト失敗」画面になります。

入金できていない原因がどうしてもわからなかったらXMにメールで問い合わせましょう。(上図ではメールアドレスを塗りつぶしています)



カード情報が無事送信されて、問題がなければ「入金リクエスト完了」画面になります。

反映手数料が引かれることなくXMに入金額が反映されていますので確認しましょう。

10分ほどで「入金処理が成功しました」メールも届きますよ。

これでCredit/Debit Card(JCB)での入金は無事にできました。


VISAも同じ流れです。

XMTradingの公式サイトは
こちらから
  • 888倍の高倍率レバレッジ、追証なし
  • webも問い合わせ電話も日本語対応◎
  • 口座開設のみ、入金なしでもボーナス3000円が付いてくる
  • 入金金額に応じ最大総額$5,000のボーナス上乗せ

XMを始める人のためのスタートサイト
Copyright © XM Start Guide 2020 All Rights Reserved.