XMのプラットフォームはFXトレーダー人気No1のMT4とMT5

目次

MT4(MetaTrader4)、MT5(MetaTrader5)がXMの取引プラットフォームです。

MT4(MetaTrader4)とは

ロシアのソフトウェア会社MetaQuotes Software Corpが開発した世界で最も人気のある無料のプラットフォームです。

XM MT4の特徴

XM MT4の主な機能

 

MT5(MetaTrader5)とは

2010年のリリースされたプラットフォームです。
MT4のバージョンアップ版です。取り扱う商品数と時間軸の種類が多くインジケーターが少なくなっています。

XM MT5の特徴

XM MT5の主要な機能

 

MT4、MT5を使うには

MT4、MT5を使うには口座開設してログインIDを取得していることが条件になります。(デモ口座の開設ではデモ口座用のログインIDが取得できます。)

口座開設の際に選択したプラットフォームがMT4ならMT4、選択したプラットフォームがMT5ならMT5ででしかトレードできません。

 

MT4、MT5の利用環境

スマホ(iPhone、Android)、PC(windows、Mac)、Webの環境で利用可能です。

PC Windows版MT4のインストール手順

リアル口座、デモ口座で手順は同じです。

PCで下のバナーからXMにログインしてプラットフォームをクリックします。

 

今回は「PC対応MT4」をクリックします。

 

MT4の説明画面になります。

下にスクロールして[ダウンロード]をクリックすると、実行ファイルxmtrading4setup.exeがダウンロードされます。

ダウンロードが終わるまでお待ちください。

 

ダウンロードが終わったら、この実行ファイルをダブルクリックしてMT4のインストールを開始します。

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」が表示されたら「はい」をクリックします。

ライセンス同意書が表示されます。

まずは[設定]をクリックしてください。
インストール先が表示されますのでインストール先を変えたい場合はこの画面で変更します。

[次へ]をクリックでライセンス同意画面に戻ります。

ライセンス同意画面に戻ったら内容を確認のうえ、[次へ]を押してください。

派手な画面が出てきてインストールが実行されます。

いろんな国の方々が使っているとアピールしているのでしょうか???

[取引サービスに登録]をクリックすると、MQL5(MetaQuotes Language 5)のコミュニティ登録ページに進みます。
興味のある方は登録を行ってください。
XMのホームページからもMQL5のコミュニティ登録ページに行くことができるので、今回は無視していいかもしれません。

インストールが終わったら[完了]ボタンが表示されますので、それをクリックしてインストール完了です。

 

PC windows版MT4のXMへの接続

インストールが無事完了したらデスクトップにショートカットのアイコン(XMTrading MT4)ができています。

ショートカットのアイコン (XMTrading MT4) をダブルクリックでMT4が起動します。

右下に「回線不通!」と表示されているとおり、MT4を起動させただけでは正しい情報の取得や取引ができないので、 サーバーに接続してログインする必要があります。

必要になる情報は、「接続するサーバーの名前」と「MT4のログインIDとパスワード」です。

サーバー口座登録した際に受信している「XMTrading へようこそ」のメールを用意しましょう。

そこに 「接続するサーバーの名前」と「MT4のログインID」が載っています。

このメールだと 「接続するサーバーの名前」 は「XMTrading-Real 37」ですね。 「MT4のログインID」 は黒塗りしている部分に載っています。

MT4の画面は今は取引サーバー選択画面が表示されていると思います。

サーバー一覧の中に、メールの載っていたサーバーがあるのでクリックして[次へ]をクリックします。
(もしサーバー一覧の中にない場合は、[スキャン]をクリックしてください。サーバーを探しに行ってくれます。)

アカウントタイプ選択画面になります。

「既存のアカウント」にチェックをします。

「ログイン」の欄に 「MT4のログインID」 を入力してください。


「パスワード」は控えていると思いますので、それを入力しましょう。
起動するたびにパスワードを入れるのが面倒な方は「パスワードを保存」にもチェックを入れてください。

 
そこまで終わったら [完了]をクリックします。

正しい情報を入力していたら、MT4がサーバに接続され右下に〇〇/〇kbと表示されます。

これでXMへのPC Windows版MT4でXMへの接続完了です。

 

スマホ Android版MT4のインストール手順


スマホのAndroid端末で下のバナーからXMを開きます。

まだXMにログインしなくても大丈夫です。

メニューをタッチして[プラットフォーム]をタッチします。

[Android対応MT4]をタッチします。

GooglePlayの画像をタッチもしくはGooglePlayからmetatrader4を検索します。

Metatrader4のインストール画面になりますので[インストール]をタッチします。

「ログインしてください 続行するにはログインする必要があります。[キャンセル][ログイン]」と表示される場合があります。

その場合は[ログイン]をタッチしてGoogleのIDとパスワードでログインします。( GoogleのIDです。MT4のIDではないのでお間違え無く)

[インストール]をタッチしてインストールします。

「デバイスをお選びください」でデバイスを選びます。
(Huawei P20liteにインストールしようとしていたのですが、選択肢は「HUAWEI ANE-LX2J」しかありませんでした)

再度[インストール]をタッチします。

MetaTrader4が間もなくデバイスにインストールされます。で[OK]をタッチします。

[インストール済み]となったらMT4のインストール完了です。

ホーム画面にMetaTrader4のアイコンができています。

MetaTrader4のアイコンをタッチするとMT4が起動します。

PC版と同様に、MT4を起動させただけでは正しい情報の取得や取引ができません。


以下の手順でXMで開設した口座の情報を設定する必要があります。

MT4の画面左上のアイコンマークをタッチします。

左からメニューが表示されますので、一番上の”MetaTrader4 Android Demo”の部分をタッチします。

画面左上に「口座」と表示されている、口座情報の画面になります。

「+」をタッチします。

画面左上に「新しい口座」と表示されている、口座開設画面になります。

「既存のアカウントにログイン」をタッチします。

画面左上に「口座にログイン トレードサーバを選択してください。」と表示されている、サーバ選択画面になります。
「証券会社を検索」の箇所にサーバー名を入力します。

口座登録した際に受信している「XMTrading へようこそ」のメールに接続するサーバが載っています。
私が受信したメールでは「XMTrading-Real 37」でした。

なので「XMTrading-Real 37」と入力すればいいのですが「xmt」まで入力するとxmtで始まるサーバが表示されますので、その中から「XMTrading-Real 37」を選ぶほうが早いです。

「XMTrading-Real 37」を選んだら「ログイン」と「パスワード」の入力画面になります。
口座登録した際に受信している「XMTrading へようこそ」のメールにログインIDが載っていますので、それを「ログイン」の欄に入力してください。
「パスワード」は控えていると思いますので、それを入力してください。
起動するたびにパスワードを入れるのが面倒な方は「パスワードを保存」にチェックを入れてください。
画面一番下の[ログイン]をクリックします。

正しいログインIDとパスワードで入力したらサーバに接続できます。

画面左上のアイコンマークをタッチします。

左からメニューが表示されますので、一番上に今回設定したサーバが表示されます。


これでMT4でXMへの接続完了です。


MT4のログインIDを取得するには口座開設が必要です。
口座開設の説明はこちらから


公式サイトはこちらのバナーからアクセスしてください。


XM Beginner's Guide

XMを始める人のためのスタートサイト
Copyright © XM Start Guide 2019 All Rights Reserved.