取引シグナルの執行方法

取引シグナル執行方法

取引シグナルの執行方法まとめ

取引シグナルの上半分はチャートが載っていて、下半分は60分足(1時間足)、240分足(4時間足)、日足ごとの執行方法が載ってます。(下図はぼかしてます)

執行方法にはいろんな項目があるのでまとめてみましたー

「トレンド」は、

  • 強い上昇
  • 弱い上昇
  • 強い下降
  • 弱い下降
  • 中立
  • 値幅


「トレンドの状況」は、

  • 買われすぎ
  • 売られすぎ
  • 中立


「サポート&レジスタンス」は、そのまんまサポートとレジスタンスです。3本ずつ載ってます。

「ポジション」は、

  • 買い:買いポジションを有効にするために様子を見ている
  • 売り:売りポジションを有効にするために様子を見ている
  • ロング:既に有効な買いポジション
  • ショート:既に有効な売りポジション
  • 待ち:取引設定の発展もしくは値幅のブレイクアウトを待っている


「取引の確率」は、高/中/低があり、取引設定に即したテクニカルインジケーターの量を示します。

高確率の取引は、設定結果の方向を指し示すインジケーターの数が多くて低確率の取引は取引設定に合うインジケーターの数が少ないことを意味します。

なんかよく分からないです。。。


執行方法は「エントリー」、「損切」、「利益確定1」、「利益確定2」があり、「利益確定1」で50%、「利益確定2」で残りの50%を利益確定するイメージだそうです。

このとおりにする必要はないと思いますが、参考にはなりますね。

ちなみにこの取引シグナルを見るにはリアル口座開設をしないといけません。