取引シグナルを検証してみる

2020-07-23

調査

取引シグナルをダウンロードする

今日は土曜日なので金曜日のアフタヌーンコール(日本時間22:00~22:30に配信)の「USD/JPY」をダウンロードします。

リアル口座を開設してないと取引シグナルはダウンロードできません。わざとぼかしてます。

上部のチャートは60分足です。ローソクがアブラミスリバーに乗っているのでレンジトレンドを示してます。


下部の執行方法欄を見てみます。


60分足チャートではトレンド&状態は「強い上昇で中立」、ポジションは「買い」になっていますが、エントリー欄は空欄です。

ハッキリとしてないので60分足でのエントリーは無しです。


240分足チャートではトレンド&状態は「強い下降で買われ過ぎ1」、ポジションは「ショート」でエントリーは「107.10」、損切り「107.45」、利益確定が「106.20」と「105.50」です。
(利益確定は50%ずつを2回に分けて行う)


日足チャートではトレンド&状態は「中立」、ポジションは「待機中」になってますので、日足でのエントリーも無しです。


よって、この取引シグナルに従うとしたら、240分足を使って、107.10円でショート、損切を107.45円、106.20円で50%の利確、105.50円で残り50%の利確になります。

取引シグナルを検証してみる

240分足だと分かりずらかったので60分足のチャートを載せてます

実際23時台に107.10円に到達して、現在値が107.015円です。

このまま105.50円に届くでしょうか?