月曜日のXMTRADINGトレーダーダッシュボードを検証する

XMTRADINGトレーダーダッシュボード

XMTRADINGトレーダーダッシュボードとは


XM公式サイトのトップページの、XM ZERO口座とスタンダード口座のスプレッド表記に挟まれて「XMTRADINGトレーダーダッシュボード」があります。


これはXMでの「買い」「売り」の保有ポジションの割合です。

15分毎に更新されて1時間前の結果が表示されるようになっています。

ドル円で検証をして、『「買い」ポジションが増えると円高になる』との結論になりました。

XMTRADINGトレーダーダッシュボードの使い道

「XMTRADINGトレーダーダッシュボード」は、1時間前の保有ポジションしか分からないので微妙だなーと思ってたのですが、いい使い道を思い付きました!

FXは土日動きません。

なので月曜日の朝イチは、1時間前ではなく、今現在の保有ポジションの割合になっているはずです。

金曜日の相場終了時の保有ポジションと、その前の時間の保有ポジション(金曜日の終了15分前の保有ポジション)を比較して、「買い」ポジションが多かったら、円高に振れるので、円を売れば儲かる!

ところが、金曜日の相場終了15分前の保有ポジションを控えるのが大変です。

目覚まし時計をセットしてないと、とても無理です。

残念ながら金曜日の相場終了15分前の保有ポジションは確認できていません。。。

月曜日の朝イチで検証する

今回は月曜日の朝イチの値と、「XMTRADINGトレーダーダッシュボード」の関係を検証します。

土曜日の時点での「XMTRADINGトレーダーダッシュボード」です。
つまり、月曜日の相場が始まる前の保有ポジションです。


EURUSD「買い」6.4%、「売り」93.6%

月曜日は窓を開けて始まりましたが、窓を埋めました。
その後は大きくユーロ高ドル安に進んでいます。

USDJPY「買い」72.7%、「売り」27.3%

月曜日は窓を開けて始まりましたが、すぐに窓を埋めました。
その後は円高に進んでいます。

EURJPY「買い」14.2%、「売り」85.8%

月曜日は窓を開けて始まりましたが、窓を埋めました。
その後はレンジで進んでいます。

GBPJPY「買い」59.5%、「売り」40.5%


月曜日は窓を開けて始まりましたが、窓を埋めました。

その後はやや円高で進んでいます。

GOLD「買い」15.8%、「売り」84.2%



GOLDは月曜日0:00ではなく、1:00からの値しかありません。
通貨じゃないので何か違うのでしょうか???

GOLDは相変わらず高値更新を続けています。

やはり「有事の金」です。

まとめると

いずれも窓を開けてスタートしたのですが、すぐに窓埋めしたので、ただ単に参加者が少ないだけですかね。

「売り」が多かったら売りの方向、「買い」が多かったら買いの方向に振れる確率が高そうです。


日本人は逆張り好きとのことなので、日本のFX業者の保有ポジションでは、このようにはならないかもしれません。

XMは世界中のトレーダーが参加しているので、素直に保有ポジションの割合が高い方に従えばよさそうです。