取引シグナルの日足を使って大勝を目指す(その2)

取引シグナル日足

取引シグナルをチェック

先週は取引シグナルの日足でのエントリーを見送りましたが、今週も取引シグナルをみてましょうー

馴染みのあるクロス円のUSDJPY、GBPJPY、EURJPYをみることにして、今日は土曜日なので金曜日のアフタヌーンコールをチェックします。

USDJPYの取引シグナル

トレンドと状態は「強い下降/中立」

ポジションは「ショート」

エントリーは「105.80」

損切は「107.10」

利確は「102.50」と「100.00」

コメントは「中程度の確率、市場が107.10でレジスタンスを見つけた後、105.80でショートをとるエントリーシグナルが与えられた。107.10の上昇ブレイクのみ
が弱気の見方を取り消し、ロングをとるよう導くだろう。」

今のUSDJPYは105.78円です。


なんとエントリーポイントの108.80円を下回っています。

アフタヌーンコールは金曜日の22:00頃配信されてるので、その後に値が動いて早くもエントリーポイントに到達したんだろうと思いましたが、金曜日の22:00時点ですでに105.80円付近でした。。。

いったん107.10円付近まで上昇するのを待って、そこから下がって105.80円に到達したらエントリーってことでしょうか???


利確の102.50円と100.00円にもしばらくは到達するようには思えないんですよねー


よく分からないのでUSDJPYはパスします。

GBPJPYの取引シグナル

トレンドと状態は「強い上昇/中立」

ポジションは「ロング」

エントリーは「134.00」

損切は「131.50」

利確は「144.40」と「152.00」

コメントは「やや低いの確率、市場が131.50でサポートを見つけた後、134.00でロングをとるエントリーシグナルが与えられた。131.50の下降ブレイクのみが強気の見方を取り消すだろう。」

今のGBPJPYは138.45円です。

エントリーポイントまでは450pipsほどありますが、今年(2020年)の7月には134円台でしたので、あまり待たなくても到達するかもしれません。

エントリーできたとして、利確まではそこから1,000pipsと1,800pipsあります。

利確の144円なんで何年前だったのかと思いましたが、今年(2020年)の2月は144円台でした。

152円台は2018年4月です。

なので利確にも到達するかもです。


GBPJPYはボラティリティが高いですね~


134.00円にアラート設定しておきます。

 

EURJPYの取引シグナル

トレンドと状態は「強い上昇/中立」

ポジションは「買い」

コメントは「市場は123.70でサポートを試している。ロングポジションを復活させるため、反転シグナルが見えるのを待っている。次の重要なサポートレベルは121.90である。」


他が空欄だったのでパスします。